日本海と、美しい湖沼に囲まれた温泉のある新潟県上越市大潟区 そして 夕日が映え 心なごむ潮騒の街

見る

公園を囲むように植えられたあじさいたちや桜の木が公園に鮮やかな彩りを与えてくれます。

県立大潟水と森公園

小川未明の作「赤いろうそくと人魚」のモデルともいわれている人魚伝説。平成5年に、佐渡を望む雁子浜に記念碑が建てられました。 

人魚伝説の碑

雁子浜の住吉神社が、まだ袴形という所にあったころの話です。

小高い丘の松林に、明神様の境内があり、はるか彼方には佐渡が島が夢のように浮かんでいます。

鳥居の南側には常夜灯が並んで、雨の日も雪の夜も欠かしたことなく献灯されていました。

そのころ、この常夜灯を目あてに、毎夜佐渡が島から通って来る不思議な女がいました。

一方、雁子の若者は、気立ての優しい男で、母親との二人暮らしでした。そして男には既に許嫁がいました。

ところが若者は、ふとしたことからこの佐渡の女と知り合い、毎夜、常夜灯を仲立ちにして楽しむようになりました。

毎夜家を空けるので母親は若者に、「お前は毎晩毎晩留守にするが、今晩一晩ぐらい家にいたっていいだろう。 あの娘と、たまには話でもしたらどうだ。」と、引き止めました。気が弱い男は、とうとう覚悟を決め、常夜灯の献灯を休んでしまいました。

その翌朝のことです。明神様の崖下は大騒ぎです。白蝋のような女の死体が上がっていたのです。

この騒ぎを聞き若者は、飛び急いで来て見れば、まさしくそれは佐渡の女でした。

一晩約束を破ったばかりにこの始末、ああ、俺は何と罪深いことをしてしまったのだろうか。」と、若者は深く後悔し ました。

 しかし、後悔は先立たず、この上は冥土でお詫びをしようと、ついに若者は、佐渡の女の後を追って海へ身を投げてしまいました。村の人たちはこの純情可憐な二人をかわいそうに思い、常夜灯の近くに二人を埋葬して、一箕の比翼塚をつくり、 地蔵尊像を安置して、菩提を弔ってやりました。

明治41(1908)年に、この明神様は崩山に移されましたが、誰が名付けたのでしょうか。

いつしかこの比翼塚のことを人魚塚と呼ぶようになったのです。

  人魚塚




 






 

 


日本海の夕日
日本海に広がる雄大な夕日、緑の松林へと静かに沈んでいく夕日、大潟区では様々な夕日の表情を見ることができます。特に日本海に沈む夕日の美しさは必見です。

日本海の夕日